2024/07/01(月)_環境認識(朝)

・ブレイクではなく、トレンドフォローをする
・トレンドラインは、高値を更新した安値に引く
・ダウカウントに迷ったら2パターンある
・ラインを引く
・損切りの溜まりを考慮する

本日の指標

  • 7/1 23:00  6月ISM製造業景況指数

ドル円

全体

週足・日足

 週足 
上昇トレンド
実体でレジスタンスを明確に抜けた。

 日足 
上昇トレンド
ロングエントリーをするなら、押しが入らないと難しい。

4時間足・1時間足

4時間足
上昇トレンド中の調整
高値を超えたが全戻ししてきた。
ここからロングは出来ないので待ち
1時間足
上昇トレンドだけどレンジのようにも見える。
待ち

ユーロドル

全体

週足・日足

 週足 
下降トレンド中
今からトレードすることは出来ないので待ち。
 日足 
レンジ
転換ラインとレジスタンスラインの間で動いているので、
どちらかに抜けたら、トレンドフォローをする。

4時間足・1時間足

 4時間足 
上昇トレンドかレンジ中
日足転換ラインとレジスタンスの間を動いているので、どちらかに抜けたらトレンドフォローする。
レンジ内で上昇トレンドが発生したが、日足レジスタンスが近いのでトレードはしない。
 1時間足 
上昇トレンド中
直撃ラインで止まればネックラインでエントリーができる。
窓開けた場合のエントリーや、上位足のレンジ上限が近い場合はどうする?
自分の考えでは、値幅が無いこととレンジ上限なので売り勢力が増えることを考えてエントリーしたいくない。日足のレンジを抜けるのを待つか、レンジの上限・下限周辺で転換サインが出たらエントリーしたい。

ポンドドル

全体

週足・日足

 週足 
下降トレンド中
直撃ラインと見る勢力もいる価格帯になった。
今からトレードすることは出来ないので待ち。
 日足 
下降トレンド
トレンドラインが引けて、
週足の押し目買い勢力/日足の戻り売り勢力の戦っている場所だと思う
決着がつくのを待って後出しでフォローする

4時間足・1時間足

4時間足
下降トレンドかレンジ
明確なトレンド転換サインが出ていないので下降トレンド中だと考えるが、
高値も安値も同じような価格帯で止められているのでレンジ成分のほうが強いと思う。
日足のトレンドラインや4時間足の転換ラインを上抜けるか、レジスタンスを下抜けてからトレンドフォローまで待つ。
1時間足
レンジ
4時間足でエントリーが狙えないので、特に見るところはない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました